読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SABAすたいる

スイスのくらし、旅のエッセイ、日々のできごと、おもうこと。

わが輩は犬ではない?不自由さのアドバンテージ。

いまは電子書籍があるから、海外で日本の本を読むのも昔ほど大変じゃない。テレビ番組だって無料動画サイトでほぼ同日に観られるし、電話もメールもチャットもインターネットのおかげで無料。 ひと昔前にくらべたらホームシックにかかる人は格段に減っている…

コガモは英語で何ていう?ローヌ川朝さんぽ、からの、語源で学ぶプチ英単語レッスン。

夏のあいだ、習慣となっている朝の散歩。 まだひんやりした朝の空気の中、芝生に水をやる給水機のリズミカルな音をききながら歩くのはきもちいい。日によって30分から1時間、その日の気分でオフィス街を通りぬけてみたり、公園を一周してみたり。 あれだ…

海外生活、言葉がわからなくてよかったこと。天然ノイズキャンセリングに感謝の日々。

海外生活で「ひとが何を言ってるのかわからないのがツライ」という話はよく聞くが、「わからなくてヨカッた」ということも、けっこうあるものである。 たとえば、友人D(スイス人)は、いっしょにカフェでお茶すると、しょっちゅう他の客がうるさい、と怒っ…

マダムかムッシューか、それが問題だ。

お母さん、お姉さん、おばさん、奥さん‥。女性の呼び方はいろいろあれど、マダム、と呼ばれるのは気持ちのいいものである。 はじめは、マダムという言葉のひびきに、なんだか特別ステキな大人の女性として認められたような気がしてうれしかったものだが、そ…

英語の恥はかき捨て。”Don't be shy”で行こう。

ひさびさに友人A(スイス人。会話は英語)とお茶した。いつもはカジュアル一辺倒なAが、きれいなベビーブルーのタンクワンピに、グレージュがかったエナメルのハイヒールサンダルで登場したので、 「わぁ、今日はChicじゃん。このあと予定でも?」 と、冷や…

語学上達の秘訣。フランス語カフェレッスンに現れたかわいいライバル

英語(外国語)の習得って、多くの社会人にとって、永遠の「今年の目標」じゃないかなと思う。つまり、毎年目標にかかげるけれども、未達のまま、また翌年に持ち越すという。。 語学上達の成長曲線は、一定の割合で上昇カーブを描くわけではない、というのはよ…