SABAすたいる

スイスのくらし、旅のエッセイ、日々のできごと、おもうこと。

救いがたき女たちの通り。ヴェネツィア、つかの間アパート暮らし

アサリのだしと、青々しいフレッシュな香りのオリーブオイルが、たっぷりからまったモチモチの手打ちパスタ。 スパゲッティ・ボンゴレを口に運びながらわたしは、いつになく、ふかーく、心から、夫に感謝しているところである。 ジュデッカ運河をのぞむ、ザ…

良くも、悪くも、ホンモノ

「今日の夕ごはんは、ブラスリーリップを予約しておきました」 パリで夕食をともにする約束をしていた、友人夫婦から連絡がはいりました。息子さんがパリに住んでいて、お店をいろいろ知っているからとお店の手配をかってでてくれたのです。 ブラスリーリッ…

パリソルド、まぼろしのナイトガウン

「フランス人は10着しか服をもたない」の中で、アメリカ人の著者ジェニファーが、パジャマがわりに着ていた穴のあいたスウェットパンツに、フランス人のマダムシックがギョッとする、というくだりがあります。 フランス人は10着しか服を持たない~パリで学ん…

わが輩は犬ではない?不自由さのアドバンテージ。

いまは電子書籍があるから、海外で日本の本を読むのも昔ほど大変じゃない。テレビ番組だって無料動画サイトでほぼ同日に観られるし、電話もメールもチャットもインターネットのおかげで無料。 ひと昔前にくらべたらホームシックにかかる人は格段に減っている…

愚妻のミッシェル?オバマさんの胸キュンスピーチにおもうこと。

欧米人のほめ言葉は、ことば半分に聞いといたほうがよいよ。 この、友からのありがたい助言は、つねづね肝に銘じているところなのですが、コレばかりは別モノ!と思ったのが、オバマさんの大統領退任スピーチです。 終盤のミッシェル夫人に贈られたことばが…

「ドキドキしちゃう」岡本太郎の書。いいヒトになれなくて自己嫌悪な夜に。

小学生の甥っ子たちが、新年の抱負をかきぞめに書いたというので、なんと書いたのか聞いてみました。 「あきらめない」(甥っ子兄・小五) 「いっぱいたべる」(甥っ子弟・小一) 「思いやる」(甥っ子たちの母、つまりわが妹)