読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SABAすたいる

スイスのくらし、旅のエッセイ、日々のできごと、おもうこと。

海外生活、言葉がわからなくてよかったこと。天然ノイズキャンセリングに感謝の日々。

海外生活で「ひとが何を言ってるのかわからないのがツライ」という話はよく聞くが、「わからなくてヨカッた」ということも、けっこうあるものである。

たとえば、友人D(スイス人)は、いっしょにカフェでお茶すると、しょっちゅう他の客がうるさい、と怒っているのだが、私はほとんど気にならない。

私もどちらかといえば、音には神経質なほうなのだが、Dが憤死しそうになっているときでさえ全然平気なのである。

実はこれ、私の耳がフランス語をノイズキャンセリングしているからなのだ、と最近気づいた。

Philips noise cancelling headphones NC1

まわりの人々はたいていフランス語で会話しているわけだが、Dにとってフランス語は母国語なので、一言一句、意味のある言葉として耳がひろってしまう。けれど、わたしにとってフランス語はまだまだ難しい外国語。よっぽど集中して聞き取ろうとしないかぎり、意味あるものとして耳に入ってくることはない。

周波数がちがう、ともいうべきか?

Dに言われるまで、会話している人たちの存在にすら気づいていなかった、ということもしばしばで、雑音としてすら認識されていなかったりするのだ。

最近、夫が某メーカーのノイズキャンセリングヘッドフォンを購入してよろこんでいるが、あれと同じで、ある意味わたしの耳には、フランス語に対する天然のノイズキャンセリング機能が備わっていると言えるだろう。

というのは、本来フランス語学習者としては「悲しむべきこと」なのかもしれない。

が、他人のアホ話を聞かされてイライラしなくて済む、というのは、生活の質(クォリティオブライフ)の観点からは、やはり「よろこぶべきこと」と言ってよいと思う。

電車内で繰り広げられるバカップルの会話、居酒屋の隣のテーブルで披露されるよその会社のおじさんのウンチク、自慢に聞こえないよう細心の注意をはらっているがやはり自慢にしかきこえない見ず知らずの奥さまの自慢話、明らかにレベルの低そうな営業マンのおバカな業務連絡などなど。

聞かなくて済むものなら、どれだけ穏やかな心持ちで日々を過ごせることだろう。

とかいっておきながら、いったん気になってしまうと不愉快にもかかわらず、積極的に耳をかたむけ、さらなる不愉快な展開を待ってしまう自分もいたりするのだけど。。

そんな下世話な楽しみが得られないのはちょっと残念な気もするが、それでも聞きたくないことは聞かなくて済むほうがありがたい。

日本に帰国した折、京都のお寺でこんなことがあった。

薬師如来が祀ってある御堂にて、手を合わせお参りをしていた私のほっぺに、夫(スイス人)がチュッとやってしまったのである。

日本は人前でハグもビズもチューもしない文化だから、といつもは気をつけているのだけど、すこし前に病気が治ったばかりだったので、お参りしながら、健康でいられることに感謝したりしているうちつい感極まってしまったらしい。

というわけで、チューとはいってもけっして情熱的なシロモノではなかったのだけれど、、

「まー、いやらしぃ!」

背後でだれかが言った。

「仏様のまえで不謹慎よ」

思わずふりむくと、振り向いたわたしにびっくりしたおばさんが、言いかけた次のことばを飲み込むところだった。

「あらぁ、日本語わかるのね」

(いや、だって、わたし日本人ですし。。)

そそくさと立ち去ったおばさんの背中を見送りながら呆然としてしまった。

たしかに仏様の前でチュー、はまずかった。

それはそれとして、見ず知らずのひとに面と向かって「いやらしい!」と言われる、というのは、なかなかショッキングなできごとであった。

そういえば、ベルリッツの先生として日本に数年住んでいたことのあるP君(イギリス人)もなげいていたっけ。

P君、ウィリアム王子のような見かけによらず、日本語がかなりできる。

「デカッ」

「鼻高ッ」

「ハゲてなければねぇ」

日本語はわからないだろうという前提で、遠慮なく言われる陰口が、ぜんぶ耳に入ってきてしまって「ケッコウキズツイタ」らしい。

ううむ、たしかにそれはキツイ。

最近、外国人観光客向けに、こんな変な日本語がプリントされたTシャツが売られているらしい。P君がこんど日本にいくときには「こうみえて日本語わかります」Tシャツをすすめてあげようと思う。

f:id:sababienne:20160805190703j:plain

*スイス人の親戚N君から「これ、なんて意味?」とLINEがきた。なんでも日本の観光地で「CoolでGeniusでAmazingなGuyって意味だよ」といわれ購入したのだが、いく先々で人々に指さされ、笑われているような気がしたそう。ただいま求職中のN君。次の面接で着てったらいいと思うよ〜♪