読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SABAすたいる

スイスのくらし、旅のエッセイ、日々のできごと、おもうこと。

SWEETなスイス?気になるチョコレート&話題のショコラティエ。

もうすぐバレンタインですね。

チョコレートはもう準備しましたか?

ここスイスは、ご存知チョコレートの本場。

ジュネーブにも大小のショコラティエが軒を連ねています。

市内にいったい何軒ぐらいあるんでしょう?

今朝、銀行のアポイントメントに行く途中、数えてみようと思ったのですが、「10歩行くごとにショコラティエがある」といってもけっして言いすぎではないほど。

そうそうにあきらめて、話題のお店のショーウィンドウに注目してみました!

f:id:sababienne:20170209202104j:plain

メインストリートにあるこちらのショコラティエ"Auer"は、オバマ政権時代の米国務長官ジョン・ケリーさんがジュネーブ国連本部を訪れるたびに、チョコレートを買いにやってくるお店。

たまたまその様子をみかけたことのある友だちによると、おびただしい数のセキュリティーガードに取り囲まれ、お店の周辺はしばし完全封鎖されるというものものしさだったそう。

スイス人の不文律である「有名人をみても騒がない」も、さすがにさりげなく無視できる状況ではなかったようです。

www.20min.ch

任務遂行中も妻のことを想うケリーさん。イランの核問題交渉の合間に、奥さまへのチョコをお買い物、とありますね。

一説によると、ケリーさんの好きな食べ物は「チョコチップクッキー」。子供のころにスイスに住んでいたこともあるそうなので、よほどのお気に入りなのでしょう。

大の大人が、ここまでしてご自身でお買い物しにくるなんて、なんだかカワイイ!

それが奥さまのためならなおさらです。

素朴で、温かみのあるウィンドウディスプレイからも、お二人のラブラブさが伝わってくるような。ちなみに店内のお客さんは、100%ムッシューでした。

f:id:sababienne:20170209202128j:plain

いっぽうこちらは日本にも進出しているレダラッハ。

f:id:sababienne:20170209202150j:plain

一転してスタイリッシュなディスプレイですが、ココのスペシャリテは、なんといっても巨大な板チョコ!”フレッシュチョコレート”という名前のとおり、作りたての新鮮さが売りです。

チョコの鮮度?・・なんてあるの?

気にしたこともなかったのですが、食べてみて実感。新鮮なチョコはたしかに味がちがう!目からウロコのいっぴんです。

いつかは、一枚まるまるオーダーするのが夢です。

f:id:sababienne:20170209202208j:plain

さいごにコチラ。

かのニューヨークタイムズがイチ押しのショコラティエです。曰く、ロシア人ツーリストがキロ単位で買い占めていくお店なのだとか。

f:id:sababienne:20170209202028j:plain

スペルにご注目。

SWITZERLANDじゃなくてSWEETZERLANDなんです♪

スィ〜トなスイス!

ネーミングだけでクスッとやられるので、プレゼントにはもってこい。もちろん味のほうも本格派、且つちょっと変わった大人っぽい味も選べて洗練されてます。

f:id:sababienne:20170209214141j:plain

甘党のかたも、そうでない方もSWEETなバレンタインを