読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SABAすたいる

スイスのくらし、旅のエッセイ、日々のできごと、おもうこと。

ともだちに会うということ。

スイスのくらし ライフスタイル

難民医療で世界中を飛びまわる、ともだちのNちゃんが帰国していて、ひさしぶりに夕ごはんにやってくるので、今日はすこし忙しい。

まずはお花。

昨日のミモザの日にと、おすそわけでいただいたミモザに、フチがギザギザのフリルになっているチューリップを合わせてボリュームを出し、大ぶりの花びんにいけなおした。

メニューは決めてある。

前菜はシンプルにグリーンサラダ。

メインディッシュはポークフィレミニヨン(豚フィレ肉のパイ包み)。

Roast Alberta filet of pork pie in maple syrup sauce

(写真はFlickrからお借りしてます)

フィリングにポルチーニとレモンとカレースパイスが効いているのが美味しい!といろんなひとに褒められたので気をよくして、最近何かといえばコレばかり作っている。

つけあわせはフレンチフライ。

ワインとビールは冷やしたし、美味しそうなイチゴを手に入れたのでモーベンピックのアイスクリームに添えてデザートにしようと思っている。

f:id:sababienne:20170310021247j:plain

Nちゃんは、スイスに来てやっとできた友だちらしい友だちだ。会って間もないうちから慣れないスイスの生活や、結婚生活、仕事、恋愛など、何でも飾らずに話せた。

友だちとの距離感にわりと神経質で、仲良くなるまで時間がかかる私に対し、Nちゃんはチャイムも鳴らさずに入ってきて、気づけばソファでおしゃべりをはじめているような人懐こさがある。

短期間にこれだけ仲良くなれたのも、ひとえにNちゃんの気質のおかげであって、私はただただそれに感謝するのみなのだけれど。。

だからとつぜんNちゃんがこの地を離れる、と聞いたときにはちょっとショックだった。

しかも行き先というのが、飛行機を乗り継いで30時間かかるようなジャングルの村とか、戦闘状態にある危険な国とか、私にとっては想像を絶する場所で、これはもうなかなか簡単にはやりとりできなくなるだろうと思ったのだ。

ところがどっこい、パワフルなNちゃんは、英語を読むのに時間がかかる私にとってはヘビーな宿題級の長文メールをじゃんじゃん送ってよこし、どんな僻地からも近況を報告してくれて私をおどろかせたのだった。

それでも。

直接会える、というのは格別だ。

女ともだちって一時期を一緒に過ごしても、結婚したり、出産したり、育児や仕事に忙殺されたりすると、知らぬ間に疎遠になってしまうことがままある。

立場がちがうと微妙な壁ができてしまうことも。。

それを時々さみしいなぁと思うこともあるけれど、考えてみればそれって、それぞれが選んだ道を精一杯生きている証拠。よろこばしいことであって、友だちとしての間柄そのものが変化したわけじゃない。

それぞれの場所で、元気でいてくれれば、それでいいのだ。

どこかで元気にやっている友だちの存在は、たしかに私をささえてくれている。

いっしょに先生に反抗したり、好きな男の子に告白したり、朝まで傷心の電話につきあったり、真夜中のファミレスで合コンの敗因をムダに分析してみたり。

共有した時間は消えてなくならない。

「それに、子育てが終わってひと段落するとまた復活したりするのよ」

年上の女友だちは言う。何十年ぶりかに再会した仲良しグループで、再びいっしょに温泉に行ったり、観劇や食事を楽しんでいるのだそう。

いま会えなくても、いつでもまた会えるのだから、と。

SNSでゆるくつながっている安心感に、海外に移住したことと、マメではない性格も手伝って、ふるいともだちとはどうしても疎遠になりがちだった私。

その女友だちの話をきいて、長い目でみればそれも人生の楽しみのひとつかもしれないな、と思いはじめていたのだった。

でも。。

いつでもまた会えるとはかぎらない、という当たり前の事実をわたしは知った。

じつはきのう、私はとつぜん大切なともだちのひとりを亡くした。

スイスにくる前に、送別会を企画してくれたそのともだちとは、帰省したらまた会おうね、といいながら別れた。それから何度か帰省したのだけど、一時帰国時の忙しさを理由に連絡しそびれ、けっきょくそれがさいごになってしまった。

いつでもまた会えるわけじゃない。

会えることって当たり前じゃない。

だから、会えるときに会う、ということをもっともっと大切にしたいと今はおもう。

きのうのミモザの日は、ぐうぜんにも仲良しの女同士、とりとめもないおしゃべりを楽しむ日。

そしてミモザの花言葉は「友情」なのでした。

f:id:sababienne:20170310001823j:plain