SABAすたいる

スイスのくらし、旅のエッセイ、日々のできごと、おもうこと。

センス・オブ・ユーモア。チョコレート嚢腫の腹腔鏡手術〜海外の場合

ユーモアのちからって、すごい。

泣きたくなるような状況も、ぶつける先が見つからない怒りも、ちょっとした冗談で気持ちが楽になることってあります。

おもえば、職場のままならない人間関係も、仕事の壁も、プライベートな悩みも、ユーモアに救われたことが、いくたびあったことか。

先週、卵巣嚢腫の手術を受けました。

f:id:sababienne:20170802225201j:plain

*手術を受けたスイスの病院

ずーっと抱えていたのを、タイミングを見計らっての手術なので、心も体も準備はできていたのですが、人生はじめての手術&入院です。

痛いのかな?

つらいのかな?

大丈夫かな?

ひとなみに怖がりなので、手術前は緊張して落ち着きませんでした。

海外の病院なので、日本のようなきめ細かな説明が一切ないままむかえた、手術前日の診察でのことです。

「じゃあ、明日ね!」

と、当日の食事の注意事項を受けたあと、執刀医から握手を求められました。

「え?それだけ?」

「持ち物は?」

というのも、同じ手術を受けた日本の方たちのブログを読んで、入院中、必要なものがたくさんある、と予習していたのです。

一瞬、きょとん、と不思議なかおをして先生。

「何も必要ないわ」

「必要なのは、あなたのカラダだけヨ」

そういって、私のお腹を指差し、メスで切り刻む手つきをして、ニッコリ。

背筋が凍りつきそうになったのですが、先生のこわーい冗談(?)で、なぜだか一気に気分が楽になったのでした。

おかげさまで、手術も無事終わり、経過も順調、いまは退院して日常生活にもどっています。

麻酔から覚めた時点で、点滴も、導尿カテーテルも、足のマッサージャーも外されていて、

  • 術後3時間で、食事。

f:id:sababienne:20170802224923j:plain

  • 術後4時間で、歩いてトイレへ。
  • 術後12時間で、シャワー。
  • 術後48時間で、退院。

日本の方たちのブログでは、術前術後の絶飲食、術前の下剤&浣腸、術後の導尿カテーテル、点滴、マッサージャーで身動きがとれないこと、術後の痛みなどがつらかったという体験談が多かったのですが、そのすべてが無くて拍子抜け。

術前、念のため「浣腸も、下剤もナシですか?」と聞いたら「そんなにしたいのだったらしてもいいけど」と怪訝な顔をされました。

もちろんそんな趣味はありませんから、ね。

ちなみに、恥ずかしいと聞いていた剃毛も、電動シェーバーを渡され、自室でセルフサービス。

手術を待つあいだ、他の部屋からも、ちょっぴり不安げなシェーバーの音がときおり聞こえてきて。。。「手術を受ける仲間がたくさんいるのだなぁ」と妙に心づよく感じられたのでした。

調べてみたら、ヨーロッパは、患者の負担を減らすために「術後回復能力強化プログラム」というのがすでに標準になっているようなのです。

style.nikkei.com

つまり私は、このプログラムを身をもって体験したわけですが、身体的苦痛はほぼゼロ。日本の方たちのブログを読むかぎり、私の術前術後は、ずいぶん楽だったのかな?というのが感想です。

ところで、退院の日。

「身ひとつ」で入院した私に、ひとつ問題が。

はいてきたパンツが小さい!

腹腔鏡のガスでぽっこりお腹になっている上に、ちょうどゴムが傷口に当たって痛いのです。

しかたなく、入院用に支給された使い捨てパンツ(ふわふわ素材でおへそまで隠れる特大サイズ)をそのままはいて帰ることにしたのですが。。

明日、どうしよう?

途中、スーパーに寄って探してみたのですが、特殊なパンツだけに見当たらず、途方に暮れてしまいました。

「ぼくのパンツをはけばいい」

ぽつりと夫。

夫の冗談は、いつもあんまり面白くありません。

まじめなときのほうが、笑えます。

傷口が痛い。。。

f:id:sababienne:20170802225220j:plain

*入院中のごはんが、美味しかった♪

f:id:sababienne:20170802225028j:plain

*デザートタイムまであり、至れりつくせり。