SABAすたいる

スイスのくらし、旅のエッセイ、日々のできごと、おもうこと。

ドロータはどこ?:永住権をいただきに、ニューヨーク(2)

ニューヨークでは、step son(継息子)のPくんが、独身のときに住んでいたアパートに滞在している。

去年、PくんはフィアンセのMちゃんと家を買った。

だからかれこれ一年以上、このアパートには誰も住んでいないのだけど、Pくんは賃貸にもださず、そのままキープしている。

なんだかもったいない気がするのだが、ニューヨークの不動産価格はずっと高騰しつづけているので、売却益だけでいい投資になるのだそうだ。

若いのにすごいのね。

お金のことなどさっぱり考えていなかった、わたしの30代を思い返すと、ただただ感心してしまう。

バイ・アンド・ホールド。

そうして売却益を得たら、グレードアップした物件に買い換えていく、というのを繰り返していくのだそう。

みんなやってることだから、とわたしの尊敬の眼差しを打ち消すように、Pくんは頭をヨコにふった。

それにしても、もつべきはしっかり者の「継息子」くんなのである。

おかげで、あこがれのニューヨーク、それも、かのアッパーイーストサイドで、アパート暮らしができるのだから。

f:id:sababienne:20181108002724j:plain

セントラルパークの東側にひろがる高級住宅街。

あのゴシップガールの舞台であり、数々のセレブが住む、あのアッパーイーストサイド。

Pくんのアパートは、そのアッパーイーストサイドにある。

ファサードを抜け、トピアリーに囲まれたエントランスをすすむと、ドアマンがうやうやしくドアを開けてくれる。

エレベーターを降りれば、もうそこは自宅のリビングルーム。

朝ねぼうしても大丈夫。メイドのドロータが、朝ごはんをベッドまで運んでくれるから♪

なぁんて、ゴシップガールのブレアみたいな「夢のアッパーイーストサイド暮らし」ができちゃうかも?

f:id:sababienne:20181109004302j:plain

期待に胸ふくらませ、到着したわたしが目にしたのは、ふるい赤レンガのアパートのそっけない階段だ。

 ファサードは?

 トピアリーは?

 ドアマンは、どこ?

とまどうわたしがエントランスに近づくと、内側からすーっとドアがあいた。

少なくともドアマンはいるようだ。

ほほえみを浮かべて、ドアマンの登場を待つ。

顔をだしたのは、シャワーキャップをかぶったおばあちゃんだった。

「雨が降り出しちゃったわねぇ」

目が合うとそう言ってニッコリ、抱えていたヨークシャーテリアを地面におろした。

雨空をみあげ、シャワーキャップを目深にかぶりなおすと、おばあちゃんはいまいち乗り気じゃない犬をうながして、ゆっくり歩き始めた。

おばあちゃんのために、気づけば、自分がドアマンになっていた。

わたしは、おばあちゃんと犬を見送って、うしろ手にドアをしめた。

そうだ。

ドアぐらい。

ドアぐらい自分で開けよう、そうしよう。

気をとりなおし、エレベーターに向かうわたしに、夫が衝撃の事実を明かしてくれたのは、そのときだった。

「さぁ、のぼろうか」

階段を、である。

Pくんの部屋は「ペントハウス」と聞いている。

聞いたときには、どれほどわたしの胸をときめかしたであろう、この「ペントハウス」というヒビキ。

いまはただ軽いめまいとともに、天にむかって果てしなくうずまくらせん階段にすいこまれ、虚しく消えゆくばかりだった。

息も絶え絶えに、5階にあるPくんの部屋のかぎを開けたとき、ドロータの姿が見当たらなかったことは言うまでもない。

あれから一週間。

ふとももの筋肉と心肺能力が、日に日にアップしていることを実感する継母である。

f:id:sababienne:20181108002913j:plain

*豪邸が集中するのは、セントラルパークのちかく。いつかはフィフス・アベニューにアパートを♪ がんばれPくん!